職域接種で温度ロガーをご使用の皆様へ

この度は温度ロガーG-TAG TempView GT002-T-DFをご使用いただきありがとうございます。
新型コロナウイルスのワクチン接種用に初めて温度ロガーをご使用になる方々へ、
温度ロガーの使用方法やご使用上の注意点をご案内させていただきます。

温度ロガーとは

温度ロガーとは、ワクチン用冷凍庫(ディープフリーザー)の庫内温度を一定時間間隔で連続的に記録し、ワクチンの保管温度に問題が無かったことを確認するための記録計です。

記録した測定データは専用アプリ(TH View)を使用して、スマートフォンやタブレット端末から確認することができます。定期的にBluetoorh通信を用いて温度ロガーとの接続を行い、測定期間中の測定データをダウンロードします。

専用アプリ(TH View)では測定データからレポートを自動作成することができます。
レポートに記載されたグラフでは、測定期間中の測定データが一目で分かります。

Bluetooth通信で温度ロガーと接続

Bluetooth通信で温度ロガーと接続

専用アプリより各操作やレポートの確認が可能

専用アプリより各操作やレポートの確認が可能

レポートでのグラフ表示

レポートでのグラフ表示

ご使用上の注意事項

  • 温度ロガーの本体部は、ワクチン用冷凍庫(ディープフリーザー)の庫内に入れないで下さい。必ず、センサケーブルのみを庫内に入れて使用して下さい。
  • 電池状態は専用アプリ(TH View)で確認することができます。電池が消耗している時は速やかに電池交換をお願いします。電池がなくなるとデータ記録ができなくなります。
  • 職域接種でのご使用において、新品状態ではない電池が同梱されている事が確認されています。予備の電池をご用意の上、温度ロガーをご使用ください。
    ※温度ロガー本体のBLEボタンを押してもLEDが点灯しない場合、電池が切れている可能性があります。その場合は、予備の電池に入れ替えて再度お試しください。
    ※温度ロガーに、すでに電池が入っている場合や電池が小袋に梱包されていない場合、新品状態ではありませんので、予備の電池への入れ替えを推奨します。
  • 測定終了した後に連続して測定を行わない時は、電池の消耗を抑えるために、温度ロガーと専用アプリ(TH View)との通信を切断することをおすすめします。
  • 専用アプリ(TH View)で設定したパスワードを忘れてしまった場合、データを取得するには弊社に返却していただく必要がございます。(有償対応)

電池の取り外し方

注意破損の恐れがありますので、
ドライバーや工具は使用しないで下さい。

軽く押す

軽く押す

電池が外れます

電池が外れます

お手元にテープがある場合

テープを上から張り付けます

テープを上から張り付けます

持ち上げれば電池が外れます

持ち上げれば電池が外れます

FAQ

温度ロガーで保冷庫の庫内温度を測定中に、温度に異常があった時、アラーム音を出したり、スマートフォンに通知したりする機能はありますか。

アラーム音や通知機能はありません。定期的に温度ロガーのLED(ERR)表示を確認するか、専用アプリと温度ロガーを接続して、レポートの結果から確認することを推奨します。

温度ロガーのBluetooth通信を起動し、専用アプリの「G-TAG一覧」画面から接続しようとしても接続できずに困っています。

温度ロガーのBluetooth通信を起動後、「G-TAG一覧」画面でページを下にスワイプして指を離すと画面が更新されます。画面更新後、接続状態を示すアイコンが青になっていることを確認し、対象のシリアルナンバーをタップしてください。

複数のスマートフォンから1台の温度ロガーに同時に接続することはできますか。

同時には接続することができませんが、1台ずつであれば複数のスマートフォンから1台の温度ロガーに接続することは可能です。

→その他のよくあるお問い合わせについてはこちら

【お問い合わせ窓口】

連絡先 : 神栄テクノロジー株式会社
電話番号 : 078-304-6795
URL : https://www.g-tag.jp
受付時間 : 9:00~17:00(土・日・祝日、および弊社休業日は除く)
※温度ロガー問合せ窓口へとお伝えください。

2021年6月11日